30代から考えるガン保険

ガン保険とは何か?

ガン保険はもしものときのお守り

日本人の死因としても上位に属するガン。
ガンの治療はそう簡単なものではなく、かかる費用も他の病気に比べて高額になりがちです。

そして、生活にも大きな影響を与えることが…。

というのも、ガンの進行状況にもよりますが、その治療が長期になることや高度な技術や医療を必要とすること、そしてなによりも仕事が出来なくなる場合もあるからです。

家族がいる男性の場合は、特にダメージも大きくなります。
小さいお子さんがいるご家庭では、その苦労は計り知れません。

ガンになってしまうと、どんな治療を受けるのかというと、代表的なものでいえば手術化学療法放射線療法三大治療、そして最新の医療を施す先進医療などです。
これらの言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるほど、よく聞かれる言葉ではないでしょうか。

医療技術の向上によって治療成果も向上しているとはいえ、まだまだガンは怖い病気です。

治療も長引く場合がほとんどで、入退院を繰り返したり、完治したと思っても再発したりと、精神的肉体的、そしてなによりも経済的にもかなり厄介な病気です。

「もしもガンを発症してしまった時」のために必要な経済的な備えを準備しておく…それがガン保険です。
経済的なバックアップがしっかりしていればいるほど、治療にも安心して取り組めます。

結果、それは精神的にも余計な心配事が減り、治療もしやすくなります。

そんなガン保険とはガンに特化してその保証を手厚くした、まさにガンのための専用保険。
その保証内容としては、ガンを発症してしまった場合の診断給付金や状態による入院給付金、治療の為の通院給付金を基本に構成されています。商品によっては、先進医療給付金が付いていたりもします。

ただ、ガン保険は治療をおこなうための保障を基本としていますから、死亡した際の死亡保険金は小額、もしくは設定されていないといった場合が多いです。


30を過ぎたら始めるガン保険

ガンによる死亡者数は、年間35万人を超えるといわれています。
男女ともに死亡原因第1位を占めているという、まさに国民病ともいえる病なのです。

原因は様々で、喫煙や肥満などの生活習慣が多大な影響を与えると言われています。最近では禁煙外来や肥満解消のためのダイエットの病院も注目を集めています。

誰もがなりやすく、決して他人事と考えてはいけない病です。

ガン保険は早いうちに加入しておいても損はありませんし、年齢が上がるほど金額も上がります。
年齢的にも、30代の人は真剣に考えておかなければならない保険といえます。それが家族の為にもなるのです。

特に働く男性は要注意

仕事の忙しさに体の健康管理をおろそかにしてしまいがちで、ガンといった大きな病を発症してしまいがちです。
30過ぎにじわじわとその危険度が上がり、50代が人生の分かれ道…ともいわれているほどですから、日頃から健康管理に気をつけると共に、ガン保険といったもしもの際の備えを完璧にしておきたいですね。