30代で考える女性のガン保険

30代で考える女性のガン保険

ガン保険は、若い人からみたらあまりピンとこないものかもしれませんが、30代となると話は違ってきます。
なぜなら、30代ともなると結婚していたり子育てに忙しかったりと、自分の命は自分だけのもではない事を切に感じるからです。また、加齢による健康への不安も身近なものになることも関係しています。

ガンといえば日本人の死亡理由のトップでもあり、健康番組などでもよく取り上げられるので、他人事とは思えなくなってくるのです。しかも、女性特有の乳ガンといったガンもあり、30代~40代がピークとなっています。
そうしたことから、30代になるとガン保険への加入を考える女性が多くなります。

ガンと言えば50代頃が一番罹患率が高そうに思えますが、実は女性では30代~40代と若い年齢。
男性は女性よりも高いものとなっています
そうした事から、30代のガン保険料は女性の方が割高。
3つのポイントをふまえて、上手に自分にあったガン保険を選ぶようにしたいものです。

ガン治療の現場は常に変わっている

ガン治療は日進月歩で、数年前よりも幾分か進んでいたり、なにかしらの変化が起こっています。
ですから、ガン保険を選ぶ際には、あえて終身系を選ばなくても大丈夫です。

短期でも充実した保険を選ぶ

60代でガンを発症するのと、30代でガンを発症するのでは治療も異なります。
ガン治療はとても苦しい治療となりますので、60代以降ではなるべく穏やかに過ごせるようにといった、ホスピタル的な治療がおこなわれることも。が、30代ともなると、完治を考えた本格的な治療になることがほとんど。

そのためには多額の治療費が必要となります。
その場合のガン保険としては、終身タイプだと保険内容があまり充実していませんので、5年~10年といった短期で充実した保険を選んでおくようにします保険料はあまり変わりません
10年、治療を受けて生き延びることができれば、その間に医学も進歩しているでしょうから、10年前には考えきれなかったような治療が受けられるようになっている可能性があり、助かる可能性もさらに高くなります。

まとまったお金を支給してくれる

今の医療現場では、入院期間が短く設定されることがほとんど。
入院しなくても通院で治療できる方法ができてきているのです。
放射線治療も、今では通院でおこなわれているほど。ですから、保険を選ぶ際には、1日当たりいくら支払われるか…ではなく、ガンになったことが分かった時点で大金をポンと出してくれるような保険のほうが安心です。
もしくは、治療にかかった費用を全額出してくれるようなタイプでもいいですね。