ガン保険の先進医療特約

ガン保険の先進医療特約とは何か?

先進医療特約はつけなくては損!?

ガン保険のなかでもひときわ注目されているのが、先進医療特約です。
最近ではこれをつける保険が多く、加入する際にも勧められます。
この先進医療特約とはなんなのかというと、最新の医療を受けることができる特約です。

ガン治療への研究・発展はめざましく、各国でもさまざまな治療がとりいれられています。
日本における先進医療となる医療技術は、厚生労働大臣によって定められているものであり、移植手術や遺伝子診断、そして一般の保険診療のレベルをはるかに超える最新の医療技術です。

最先端の高度な技術ともなると、もちろんそれは高額で一般の人が受けるには簡単にいかない、なかなか厳しい金額になっています。

そんな経済的な問題を無くして気軽に受けられるようにし、少しでも治療の成果を上げられるようにしたのが先進医療保険なのです。

ただ、この先進医療を受ければ必ずしもガンが順調に回復していくということではありません。
ガンの治療は難しいですから、その確立を少しでも上げる為の措置、といった方が適切かもしれません。

わらにもすがる思い…という言葉があるように、少しでもガンの治療に役立つ可能性があるのであれば、誰でも試したくなるもの。命にも関わる病気であればなおさらです。

しかも、先進医療特約をつけた場合の保険金額というのは、そんなに高額になるものでもありません。
月々数百円といったぐらいです。

ですから、もしもの時の事を考えると先進医療はつけておいて損はない、もしくはつけておかないととてももったいない保障ともいえます。


どこまでOK?先進医療特約

先進医療特約に保障されている通算額は、上限が決まっています。
低額のところでは500万ほど、高額になると1000万を超えるものとあり、これは保険会社によって異なります
先進医療特約が低額であればあるほど、月々にかかってくる保険料も低くなります

高額の先進医療特約と比べても数百円程度の差ですから、保険料の支払いではそこまで大きな差はなく、逆にもしもというときにとても大きな差となります。ですから、そこらへんを考慮して保険料を決めるようにしましょう。

また、先進医療特約が付いていない保険もありますが、こういった保険ではガン診断給付金などがとても高額になっていたりします。

先進医療特約をつけない場合は、他の給付金がどれだけもらえるのか念入りにチェックしておいたほうがいいでしょう。